7月7日の『天の川を表す糸』の夢伝説と七夕の行事食「そうめん」について。



かけがえのない家族や友人との時間を大切にする人々の心に深く根付いている七夕。

その日、空には星が輝き、心には願い事がたくさん詰まっています。

しかし、もう一つ、七夕の夜には特別な料理があります。それは、涼しくて軽やかなそうめんです。

それは行事食であり、七夕にそうめんを食べるというのは意外と忘れられていることであります。

そうめんは、織姫と彦星が出会うために、天の川を表す糸として使われると言われています。

しかし、そうめんが七夕の食べ物として選ばれた理由は、単にその象徴的な意味だけではありません。

暑い夏の日には、さっぱりとした食事が欲しくなります。そこで、そうめんはぴったりの選択肢となります。

そうめんはまた、手軽で簡単に調理できるため、家庭での七夕の晩餐にも最適です。

家族や友人が一堂に会して、そうめんつゆにそうめんを食べる様子は、まさに夏の風物詩と言えるでしょう。

七夕にそうめんを食べることで、その天の川を表す糸で、家族や夫婦など身近な人たちとの絆が深まり、願い事を共有する機会が生まれます。

そうめんを囲みながら、みんなで願い事を語り合うことで、七夕の夜はより特別なものになる・・・。そんな願いです。

そうめんは、七夕の夜に家族や友人と過ごす幸せな時間を彩る、夏の風物詩として、私たちの心に深く刻まれています。

そのシンプルでありながら温かい食卓は、七夕の伝統と共に。

日本の節句には、旬の食材を食べることで無病息災や邪気を払う風習が根付いています。

その一つが、七夕に食べる、そのそうめんです。暑くて食欲が落ちる時期にぴったりのそうめんが、

なぜ七夕の行事食になったのか、その由来や歴史、その意味について探ってみましょうか・・・・。





そうめんは、日本の伝統的な麺であり、夏場に特に人気があるのは周知のとおり。

その起源は古代中国に遡るとされています。日本での発展や文化における役割は独自のものです。

まず、そうめんの由来についてですが、中国の麺が起源と考えられています。

中国では、紀元前の時代から麺が食されており、古代の『魯迅』などの文献にも麺に関する記述が見られます。

その後、麺が日本に伝わり、そうめんの原型となるものが定着していったとされています。

日本では、奈良時代から平安時代にかけて、中国からの文化や技術が伝わり、麺もその一つとして伝来したと考えられています。

当時の麺は、小麦粉を水で練り、伸ばして薄く切るという手法で作られていました。

そうめんが細くなる理由については、その製法に関連しています。そうめんは、生地を伸ばして細く切ることで作られます。





この伸ばす作業を何度も繰り返すことで、麺がより細くなります。

日本の気候風土や食文化に合わせて、細くて食べやすいそうめんが発展していったと考えられています。

江戸時代以降、そうめんは日本の食文化に根付き、夏には涼を取るための食べ物として親しまれるようになりました。

そして、現代でも夏場にはさっぱりとした冷たいそうめんが定番の食事として愛されています。

総じて、そうめんは中国から伝わり、日本独自の文化や技術と融合しながら発展してきました。

その歴史は古く、日本の食文化において重要な位置を占めています。


その昔のそうめん。中国の頃からのそうめんは、 今のような形だったんでしょうか? あんなにも細く??

はっきりしたことは調べられず「謎」でありますが、古代の中国における麺は、現代のそうめんとは形状や製法が異なっていたようです。

まあそりゃそうですよね。今の技術があってあれだけの細さで、均一に仕上げてなんて・・

当時の職人がどんなにすごい職人であってもなかなかそれは難しかったでしょう。


古代の中国における麺は、小麦粉と水を混ぜて生地を作り、それを伸ばして板状にし、それを切ったものが一般的でした。

しかし、その時代の具体的な麺の形状や製法に関する情報は限られており、詳細は不明です。

その後、麺は時間とともに進化し、様々な形状や製法が生まれました。

中国の歴史の中で、細くて長い形状の麺が現れた時期や理由は明確ではありませんが、そうした麺が存在した可能性は高いです。


では最後に昨今の「そうめん事情」を見てみますと、ただ めんつゆにつけて食べるだけではなく、

いろんな食材と合わせて 工夫されてみんないろんなそうめんにしてます。

例えば ぶっかけそうめん だったり 中華風のそうめんだったり、

だったりいろいろ出てきてます。贅沢な世の中になったもんです。

で、そういったそうめんの夏に食べる そうめんのランキングを見てみましょう。


以下は、夏に食べるそうめんの人気ランキングです。

伝統的なめんつゆに加えて、さまざまな食材や調味料を組み合わせて工夫されています。



1、ざるそうめん 伝統的なめんつゆに、刻んだネギやシソ、大葉、かき揚げ、納豆などを添えて、風味豊かなざるそうめんに仕上げます。シンプルで清涼感のある一品です。


2,ぶっかけそうめん めんつゆに砂糖や醤油を加えて味を調え、そうめんにかけます。

上に刻んだネギや焼き海苔、ゴマを散らして風味を加えます。たまごや焼き鳥、焼き魚などと一緒に食べるのもおすすめです。


3,中華風そうめん 甘酢やごま油、しょうが、ニンニクを加えた中華風のたれでそうめんを和えます。

具材にはキュウリやトマト、ハム、チャーシューなどを加えて、彩り豊かな中華風そうめんにします。


4、豚キムチそうめん キムチの酸味と辛みがアクセントのキムチそうめん。

めんつゆにキムチの汁やごま油を加えて味付けし、刻んだキムチやきゅうり、

ゆでたまご、焼き豚などをトッピングします。辛さと酸味が夏の食欲を刺激します。


5、冷やしぶたたきそうめん めんつゆにわさびや柚子胡椒を加えて味付けし、そうめんにかけます。

上に薄切りの牛肉や豚肉、大葱などをのせて、冷やしぶたたきそうめんに仕上げます。清涼感と濃厚な旨みが楽しめる一品です。



これらのランキングは一例であり、実際にはさまざまなバリエーションがあります。

お好みや季節に応じて、さまざまなそうめんのレシピを楽しんでみてください。













健康は自然野菜から








星形のおくらがなかなかのアイデアです。


天の川★七夕そうめん
by 手作り大好き さくら

天の川★七夕そうめん

材料(1人分)
素麺 / 100g
錦糸卵 / 卵1個分
きゅうり / 1/2本
オクラ / 2~3本
人参薄切り / 3枚
そうめんのつゆ / 適量

レシピを考えた人のコメント
さらに好みの具を加えても良いですね★

詳細を楽天レシピで見る→
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…











弊社大人気商品「フォンドボー」の秘密を説く!



関連記事

サイト内検索

初めてのお客様へサイトのご案内

累計人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う 一袋約10人前にパッ…
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000円…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約10人前) 送料別 27…
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレンチソースシリーズ  高級簡単 マデラソース…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 350g(一袋約10人前) 送料別 …

最近の投稿

  1. 2012年に公開された、『グスコーブドリの伝記』という、アニメーション映画。 原作は、岩手県出身の…
  2. 2009年に公開された『シャーロック・ホームズ』という、英米合作映画があります。 原作は、医師でも…
  3. 2000年に公開された『ショコラ』という、アメリカ映画があります。 アカデミー賞で、5部門にノミネ…

提携企業

アマゾンでも注目のフォンドボー

ページ上部へ戻る