無添加、業務用フォンドボー 3キロ フランス料理のフォンドボーです。

AX

プロマスターシリーズ
 プロマスター フォンドボー
ブック型 3キロ 冷凍 送料別 4800円




業務用のフォンドボーです。

無添加の専門店でも使用しているフォンドボーです。

ご存知と思いますが、缶詰などの添加物入りのものとは、まったく違います。

『化学調味料無しのフォンドボーが使えれば・・・』
ホントは皆さん、こう思っているんです。
大丈夫です、私は理解しています。いろいろと・・

まぁ、商品を説明しますと
仔牛の骨を10時間煮込んでエキス
を取り出した、純フランス料理の本物のフォンドボーです。
もちろん、化学調味料は一切入っておりません。

フォンドボーは煮詰めて、味を凝縮して使う物ですから
缶詰などの保存料が入っていると、その添加物も凝縮されてしまって
ゼンゼン違う物になってしまいます。

ですからKWBフーズのフォンドボーを
煮込み料理などにお使いいただければ
本物の違いがおわかり頂けると思います。

===========そしてこの『フォンドボー』、アマゾンでも注目されています。===========

このリンク先のアマゾンのレビューにも書かれていますが、
本当に美味しいビーフシチューが出来上がります。

レビューはコチラから(リンク先は500g入りです。)


======================

 
「まずは少量で試してみたい」という方は、こちらから500gでお試しください。
 




このフォンドボーを使用して、『究極のビーフシチュー』ができました。こちらです。

業務用フォンドボーは ブック型冷凍 の3キロ単位です。1キロサイズを3キロにまとめて出荷いたします。




プロが見れば一目瞭然。フォンドボーの仕上がった状態が見れます。

ビーフシチューなどで、一度に使う場合は、500gのブック型。動画をご参考に。

少しずつ使用したい方は、「キューブ状のフォンドボー」
フォンドボーを使った「ペッパークリームのステーキソース」の作り方。

命のだしシリーズ”>命のだしシリーズ一覧

フォンドボーを使った料理
本格派とろけるビーフシチューの作り方
おもてなし料理の裏技
レシピ集の料理を作った感想はこちら




弊社大人気商品「フォンドボー」の秘密を説く!



関連記事

サイト内検索

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う 一袋約10…
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 …
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約10人前) …
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレンチソースシリー…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 350g(一袋約10…

最近の投稿

  1. 4月ですがお月見をしたくなり、お団子を買ってきました。 “ピンクムーン”に関するニュースを見たこと…
  2. 2012年に公開された、『グスコーブドリの伝記』という、アニメーション映画。 原作は、岩手県出身の…
  3. 2009年に公開された『シャーロック・ホームズ』という、英米合作映画があります。 原作は、医師でも…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? 調理場スタッフの人…
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 https://kw…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る