動画ch.ホントのフライドポテトは2度揚げする!お洒落な盛り付けのフレンチフライ。

さて、今日の動画の詳細解説は、

「ホントのフライドポテトは2度揚げする!お洒落な盛り付けのフレンチフライ。」

今や国民的な「おやつ」だったり「付け合わせ」だったり

国民的な「セットの付属品」であるフライドポテトなんですが、

生のジャガイモから作るフライドポテトです。

生まれてた時から「マクドナルド」があった世代なら、

イチイチ 生のジャガイモから作るこたあーない

買ってくりゃいいじゃん。コンビニにだって売ってるんだから。

冷凍食品だっていくらでもあるじゃん。

そんな風に思ってるかもしれませんが。

まあ、言っちゃ悪いですけど『あのフライドポテト』と

この動画のフライドポテトは、まったく別物です。




言っちゃ悪いついでもう一言、言っちゃいますけど、

比べ物になりませんよ、ホントに。

この動画と、そしてこのページとご縁のあった方は、

是非やってみてください。

僕も「生まれてた時から「マクドナルド」があった世代」・・・・

というには微妙な年齢なんですけど、

おそらくフライドポテトは、マックのを最初に食べたんじゃないでしょうか?

でも料理の仕事をするようになって、コレを教わってからは大好物になりましたね。

パリっ子も大好きな「ホントのフライドポテト」

動画でもあるようにはじめは、温度計を使ってキッチリ作ってみてください。





それとジャガイモはやっぱりメークイーンが良いですね。

特に北海道産のメークイーンが美味しいです。

おもてなしでお客様に提供するときは、同じポテトを使ってください。

今も僕は月に2~3回は、「このフライドポテト」を作ります。

自分で食べるものだから、冷蔵庫にあるジャガイモで作っちゃったりします。

男爵やメークイーンも違う産地のをあり合わせで揚げたりします。

そうすると、揚げ色にムラが出来てしまって、なんか間抜けな「フライドポテト」に

なっちゃってね。自分だけならいいんですけど、

おもてなしで作る時は、同じ種のジャガイモで作ることをお奨めします。

あと良く、「バターは入れないんですか?」って言われますが、

必要ないです。揚げたてを塩だけで味付けしてください。

それでは、ぜひこの「別物フライドポテト」をやってみてください。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約10人前) …
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレンチソースシリー…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 350g(一袋約10…

最近の投稿

  1. さて、今日の動画は「カスタードクリーム」です。 先日の「カスタードクリーム」はバター入…
  2. 久々に焼いてみました『クラシック・ショコラ』 なかなか楽しかったですし、やっぱり美味しい!! …
  3. さて、今回は「シュークリームで作る白鳥」の動画をご覧いただきましたが、 シュー生地関連の動画配…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 https://kw…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る