付け合せを、魚や肉の下に敷く、ということを意識して盛りつけたことは
あるでしょうか? 下に敷いて、肉や魚と付け合せを一緒に
口の中に入れてもらいたい料理の場合です。

日本人はお箸の国の人達で、お箸はとても便利だから、
付け合せを下に敷くと、上から順番にキレイに食べてしまう・・・
ホントは一緒に食べてもらいたいんですけどね・・・。

ところが、ナイフとフォークの時は、不思議と下に敷いてあるソースや
付け合せを一緒に口の中に入れるんですよ、フォークで刺して、
ナイフで下の付け合せをのせて食べる、無意識でしょうけど。

だから、お箸で食べる時と、ナイフ、フォークで食べる時の盛り付けは
若干変わってくるんですね。今日の料理は肉でも魚でもなんでもOKの
キャベツを使った付け合せ料理です。

上にのせても、下に敷いてもどちらでも良いと思います。
ポイントは、シャキッとしたキャベツではなく、
少し柔らかく蒸し煮にすることでしょうか。

レシピはこんなかんじです。

キャベツ(新キャベツはダメ)・・・・・・4分の1

ベーコン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g

バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・80g

100%完熟トマトソース・・・・・キューブ約5~6個

又は、「プロマスター300 イタリア産トマトのパスタソース


ベーコンは1cm位の拍子切り


キャベツも同じように1cm位の幅で切ります。
大きい芯は取り除いて下さい。


鍋にサラダオイルを敷いて、ベーコンを軽く炒めます。
フライパンではなく、鍋が良いでしょう。


ベーコンが炒まったら、キャベツを入れます。
軽く塩をします。下味です。
そして、ベーコンとキャベツをよく混ぜます。


ベーコンとキャベツを混ぜたら、
フレッシュトマトソース
を入れます。
鍋に蓋をして、弱火でゆっくりと蒸し煮にします。


5~6分位するとキャベツから水分が出て、
キャベツがクタクタになってきます。
付け合せる素材と一緒に食べてもらうことを考えて、
仕上ます。 最後にレシピのバターを入れて、
塩、コショウで味を調えます。


バターを入れて、溶けた状態。


盛り付けてみました。
この画像は『キャベツとベーコンの蒸し煮』だけ
ですけど、肉か魚と組み合わせると良いと思います。

『キャベツとベーコンの蒸し煮』のソース

このレシピ集について




弊社大人気商品「フォンドボー」の秘密を説く!



関連記事

サイト内検索

初めてのお客様へサイトのご案内

累計人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う 一袋約10人前にパッ…
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000円…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約10人前) 送料別 27…
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレンチソースシリーズ  高級簡単 マデラソース…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 350g(一袋約10人前) 送料別 …

最近の投稿

  1. クリスマスやお正月など華やかなイベントが多い冬は、 家族や友人たち…
  2. 深い森や沢山の湖に囲まれた北欧の国、フィンランド。 生涯に一度は見…
  3. 「デジタルマーケティング」は、現代の飲食業界において、また私共とのお取引のある店舗様など、ますます…

提携企業

アマゾンでも注目のフォンドボー

ページ上部へ戻る