カラフルなジャム売り場の魅力

スーパーのジャム売り場で、しょっちゅう長居しています。

そこで惹きつけられるのは、思わず見とれてしまうほどの美しい彩です。

ブルーベリーの紫と、イチゴの赤と、マーマレードのオレンジ。

ジャムの商品が綺麗に並んでいると、暖色だけで作った虹のように見えます。

数あるジャムの中で、最近ハマっているのはグァバ味です。

「珍しい!」と思って買ってみたのが最初で、

薄いピンク色とほんのりした甘さに癒しをもらっています。

いろいろなジャムを買って試していくうちに、

高級なジャムほど原料の形が残っていることに気付きました。

以前、贈り物としてもらった高級なブドウのジャムには

ブドウの実がゴロゴロ入っていてとても驚きました。

パンに乗せて食べるにはバランスが取りにくく、

実を落としてしまわないように注意が必要です。

とはいえ、感動するほどに果物の果汁を味わえて、食べ応えは抜群です。

「私も誰かに高級ジャムを贈ってみたい!」と感じたほどでした。

最近ではジャムそのものの味を楽しみたいと考え、

パンに乗せるよりもヨーグルトにかけて食べることが増えました。

その方がジャムごとの個性を感じることが出来ます。

個人的には、暑い日だとレモンなど柑橘系の少し酸っぱいジャム、

寒い日だとりんごやブドウなどの

しっかりした甘さのあるジャムを食べたくなります。

自宅にあるジャムが無くなりそうになると、

スーパーのジャム売り場へ行くことが楽しみで気分が上がります。

酸っぱいみかんも美味しく消費☆みかんジャム☆
by はちわれ413

酸っぱいみかんも美味しく消費☆みかんジャム☆

材料(約10人分)
みかん / 7個(500gくらい)
グラニュー糖 / 大さじ15(150gくらい)
レモン果汁 / 小さじ1

レシピを考えた人のコメント
みかんの薄皮を外す手間を省いて、煮詰めるだけの簡単ジャムにしました。食べる分には薄皮も気になりませんよ^^
ほのかな酸味と広がる甘さがとってもおいしいです☆

詳細を楽天レシピで見る→
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…




弊社大人気商品「フォンドボー」の秘密を説く!



関連記事

サイト内検索

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う 一袋約10…
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 …
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約10人前) …
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレンチソースシリー…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 350g(一袋約10…

最近の投稿

  1. 我が家ではキャベツを買うといつも千切りにして出しています。 私は千切りでなくても良いのですが、 …
  2. 毎日5人家族の食事を用意することに、とても苦戦しています。 5人に同じおかずを出せるなら良いものの…
  3. しばらく前にお店でご飯を食べた時に、 “スライストマト”というメニューを見て驚いたことがありました…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? 調理場スタッフの人…
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 https://kw…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る