鶏レバーのムースはミキサーにかけてしまえば簡単に出来上がります。



鶏のレバーのムースなんですが、

レバーって安価のわりに結構美味しい食材だと思うんです。

でも嫌いな人ってけっこう多いんですよね。

不思議なのは、鶏のレバーは嫌いだけど、

「フォアグラ」は大好きって人・・・

なんやねん!! って感じですよ。

同じレバーじゃんよ!

もっとスゴイのは、肉は嫌いで食べないけど「フォアグラ」は大好き!!

って、オイオイ!!

人間の好き嫌いなんていい加減なもんですよ。

なにか先入観とか過去になにかあったとかね。

今日紹介する「鶏レバーのムース」はバターを使うので、

濃厚なレバームースです。

レバーペーストと言ってもいいかもしれません。

材料を揃えて、ミキサーにかけるだけです。

レシピは下記の通りです。

卵黄 5個

全卵 1個

生クリーム 180cc

無塩バター 200g (ポマード状)

ホワイトソース 50g

塩  6g

白コショウ  2g

砂糖  4g

ポルト酒  30cc

レバーは半日くらい牛乳に漬けて臭みを抜く。

バター以外をミキサーに入れて良く攪拌する。

それをシノワで濾す。

ポマード状にしてあるバターと合せる。

この時、ホイッパーで混ぜますが、レバーのほうの温度が低すぎると、

バターが固まって分離します。

しかしあわてないでください。

ぬるめの湯せんを用意して、そこにボールをあてて、ゆっくり

混ぜ続けてください。徐々に、バターが馴染み、分離状態から解放されます。

そうなったら、念のため、味を見てください。

レンジか何かで、少量だけ火をいれて味見します。

プリンカップにバターを薄く塗り、ムースのたねを流してください。

湯せんのオーブン、160度で15分×15分で火が入ります。

動画ができましたら、アップしたいと思います。

全く臭くない シンプル・レバーペースト
全く臭くない シンプル・レバーペースト

料理名:レバーペースト
作者:ゆみたん0_0

■材料(5人分)
鶏レバー / 400g
生姜 / 小さい1かけ
ニンニク / 2かけ
醤油 / 大さじ1
みりん または 赤酒 / 大さじ2
砂糖 / 小さじ1~2
水 / 適宜
オリーブオイル(美味しいもの) / 小さじ1
あらびき塩こしょう / 3~4振り

■レシピを考えた人のコメント
レバーの独特の風味は遠くに感じるかどうかの程度です、お子様もちょっと苦手な方にも美味しくいただけます。味付けはオリーブオイルとあらびき塩こしょうとシンプルです

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…







お店の味を根底からレベルアップする「KWBフーズのフォンドボー」詳細の動画解説


業務用のフォンドボーをお探しの方はこちらです。




こんな凄いフォンドボーは市販では見つからない!! プロが見ればひと目でわかる。冷蔵するとゼラチン質で固まっています。動画で確認できます。



この世で一番美味しいビーフシチューが完成しました。煮込み料理で、使う場合は、500gのブック型。この動画の通りに作ってみてください。

業務用は1kgサイズもあります。動画をご参考に。




『KWBフーズのフォンドボー』を使用してソースを作ってみました。けっこう美味しいソースなので他肉料理にも使えます。

それがこの動画です。フォンドボーを使った「ペッパークリームのステーキソース」の作り方。




命のだしシリーズ”>命のだしシリーズ一覧をご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約…
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレ…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 35…

最近の投稿

  1. イタリア料理には面白い名前の料理名が多く存在します。 怒りを意味す…
  2. 赤や黄、オレンジなど色鮮やかさが目をひく野菜のパプリカ。 肉厚で甘…
  3. 発酵食品がブームになっている昨今。 ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 http://www…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る