電脳RM Vol.9 初めて書く飲食店のダイレクトメールで大成功する方法



飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.9」 です。

久々の「電脳レストランマーケティング」です。

ご無沙汰しておりました。

「電脳レストランマーケティング一覧」

まぁ、この一覧を見ての通り、今まではウェブ上での作業を中心に書いてきましたが、

今回は、飲食店のためのダイレクトメールの書き方 です。

メールアドレスを収集し始めたより以前から、メールアドレスの無いリストを

持っているお店も多いと思います。

DM

メールでご案内を送信するより、郵送でのDMでも集客の効果は大きいでしょう

メールはすぐに削除されてしまいますが、郵送のDMは読んでくれる確率が高いこともあり

企業ではまだ郵送のDMを重要視している企業も多いですね。

しかし周知のところと思いますが、なんでも書けばいいってもんじゃないですよね

やはり『ニュースリリースを送ってみる。』

でも書きましたが、DMの反応を良くする書き方があります。

それをトコトン研究している人間がいます。

50歳の居酒屋店主が駅徒歩40分、しかも川で分断された正真正銘の悪立地という条件のもと、

顧客名簿わずか159名にはじめて送ったダイレクトメールで27万310円という売上の上乗せをし、

しかもその後も5年に渡り売上を伸ばしています。

マチナカ飲食店向けの指南書は皆無だったので腰を上げて作りました。

「たとえあなたが、50歳以上の方だとしてもでも、お店を蘇らせるチャンスです」

「忙しい飲食店店主の気持ちになって作った初めてのダイレクトメールの書き方」

「パソコン初心者でもできるダイレクトメールで繁盛店」として

これを書き上げました。

あなたのお店のリストは、いくつありますか?

100件でしょうか?   200件?

そんな少なくても安心してください。


コレをよく読んでみてください。

料理などもそうですが、最初は専門家に教わるほうが早道であったりします。

僕も含めて我々の様な今まで料理ばかり作ってきた者にとっては、

文章を書いたりすることは少々苦手だったりしますよね。

なので、自分であれこれ考えることなく、このマニュアル通りに従っていれば

あなたのお店が繁盛する手法のひとつが、見つかるかもしれませんよ。


電脳レストランマーケティング 一覧はこちら


「電脳レストランマーケティング」について





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約…
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレ…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 35…

最近の投稿

  1. イタリア料理には面白い名前の料理名が多く存在します。 怒りを意味す…
  2. 赤や黄、オレンジなど色鮮やかさが目をひく野菜のパプリカ。 肉厚で甘…
  3. 発酵食品がブームになっている昨今。 ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 http://www…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る