プロマスター300 ボロネ-ズ(ミートソース) 300g×2パック

boronezu



プロマスター300シリーズ

プロマスター300 ボロネ-ズ(ミートソース)

冷凍 1セット (300gが2パック入り) 送料別 1500円





すでに和食となりつつある、『ミートソース』です。

この『ボロネ-ズ(ミートソース)』のベースとなっているソースが
当社の『イタリア産トマトのパスタソース』と命のだし『フォンドボー』です。

もちろん、仕上がりがまったく違いますので、あまり気が付きませんが、
このプロマスターシリーズの『ボロネ-ズ(ミートソース)』の特徴は
炒めたオニオンがたっぷりと入っていることです。

みじん切りにした大量のオニオンを、じっくりと時間をかけて炒めており、
上質の豚挽肉を使用して、丁寧に仕上げました。

一般的に、ミートソースと言うとパスタ料理ですが、
実は使い方にによって色々なメニューが出来上がります。

例えば、このボロネ-ズをソテーした鶏肉の上にかけて
『鶏モモ肉のソテー ソースボロネーズ』とか、

グラタン皿にバターライスを敷いて、このボロネーズを薄く塗り、
その上に当社の『ベシャメルソース』と組み合わせて、特製ドリア。

パンに塗って『ボロネーズ風ピザトースト』などなど・・
ミートソースの使い道はイッパイあります。

レシピも準備中です。今しばらくお待ちください。
このソースは、一度使うと外せなくなりますよ。





業務用のサイトに紹介している、
『お試し5種プロマスターソース』
これがご家庭にあっても便利かもしれませんね。




プロマスター300シリーズは折って使用するタイプです

このソースを『ギフト』で贈る場合はこちらをご一読ください。

 

パスタレシピ集
おもてなし料理の裏技

レシピ集の料理を作った感想はこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. annaiimg

    KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. escargot

    エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. akawain

    キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約…
  4. hiresuteki1

    マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレ…
  5. beefsityu1

    お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 35…

最近の投稿

  1. kawapari
    『皮をパリッと』 の焼き方 よくレシピの本を見ると 『皮を…
  2. homemadetuna
    今日は「自家製 手作りツナのレシピ 作り方」です。 ツナの手作りな…
  3. ninnikujouzu
    『ニンニク上手』になる為に 『ニンニクを使えば美味しく…

提携企業

ピックアップ記事

  1. merumagatourokuimg
    下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. kwbamazonrogo
    私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. nayami
    お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. tomachikin1
    世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. zassi
    BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. kwbyoutube
    チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 http://www…
  7. medhiarogo
    このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. loguin
    ログインページ 新規会員登録をして…
  9. kwbpointimg
    お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. mobairuresutoran1
    飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る