生パスタで作る ベーコンと茄子のトマトバジルのパスタの作り方

bekonasupasuta



生パスタで作る ベーコンと茄子のトマトバジルのパスタの作り方

プロマスター300シリーズ

プロマスター300 ベーコンと茄子のトマトバジルのパスタソース 

冷凍 1パック 300gが2パック入り 送料別 1500円





先程の手打ち風生パスタで プロマスターシリーズの
ベーコンと茄子のバジルトマトのパスタソース
で作ります。

これは美味しかったですねー。
やっぱり麺は『フレッシュパスタ』ですね。

乾麺のほうがイイ場合もありますが・・。

『生パスタ』は、茹で時間が3分間ですから
まず、麺をお湯に入れる前に、ソースを溶かしておきます。
これがポイントです。

もう一度言いますが、麺をお湯に入れる前に、
ソースを溶かして用意しておきます!!


こちらは盛り付けた状態。


ベーコンと茄子のバジルトマトのパスタソースを鍋に入れて溶かします
120gの『手打ち風生パスタ』で 100~120gのソース


大き目の鍋で、タップリのお湯で茹でます。
冷凍のまま沸騰したお湯で3分間。
麺を入れて沸騰してからではなく
入れた瞬間から3分です。


麺がくっつかない様に良く混ぜます。
これもポイント


茹で上がったらソースと麺を、手早く混ぜます


完成です!麺が伸びないうちに出してあげてください。


プロマスター300シリーズ
プロマスター300 ベーコンと茄子のトマトバジルのパスタソース 

冷凍 1パック 300gが2パック入り 送料別 1500円





プロマスターシリーズ業務用ベーコンと茄子のトマトバジルのソース 1kgはこちらから

参考資料

ベーコンと茄子のバジルトマトのパスタソース

手打ち風生パスタ フィットチーネ

このレシピ集について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. annaiimg

    KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. escargot

    エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. akawain

    キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約…
  4. hiresuteki1

    マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレ…
  5. beefsityu1

    お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 35…

最近の投稿

  1. kawapari
    『皮をパリッと』 の焼き方 よくレシピの本を見ると 『皮を…
  2. homemadetuna
    今日は「自家製 手作りツナのレシピ 作り方」です。 ツナの手作りな…
  3. ninnikujouzu
    『ニンニク上手』になる為に 『ニンニクを使えば美味しく…

提携企業

ピックアップ記事

  1. merumagatourokuimg
    下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. kwbamazonrogo
    私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. nayami
    お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. tomachikin1
    世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. zassi
    BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. kwbyoutube
    チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 http://www…
  7. medhiarogo
    このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. loguin
    ログインページ 新規会員登録をして…
  9. kwbpointimg
    お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. mobairuresutoran1
    飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る