プロマスターソース コンセプト

「プロマスターソース」は、1キロサイズが先に開発されました。

開発当初の目的は、多くの飲食店において、

比較的リーズナブルな価格で提供している、

お昼の「ランチメニュー」でも、スタッフは少数精鋭で

対応できることを目的としました。


ランチタイムともなれば、一日のうちで一番の忙しい時間帯です。

通常、その時間帯にスタッフを増やします。

でも現実はどうでしょうか?

その時間帯の、その増強したスタッフの人件費を

ランチタイムだけの利益でまかなえているでしょうか?


残念ながら、多くの飲食店は、そうではありません。

《 繁忙=薄利 》とは、世の常なのかもしれません。

しかし、この「プロマスターソース」を常備することにより、

スタッフを増強、強化する時間帯を縮小することが出来ます。



例をあげれば、厨房の「ランチのための仕込み時間」を縮小することが出来るため、

正社員として雇用した厨房スタッフが、客席の準備をすることが出来ます。

それだけでも、アルバイト、パートの2~3時間の削減が出来ます。

3時間の削減は、年間300日と考えて、単純計算で恐縮ですが、

90万円の削減になります。

たった一人のアルバイトの朝の客席の準備だけで、です。

二人なら、三人なら・・・・。実際にそれを実行されている、

長いお付き合いの私共のお客様が、多くいらっしゃいます。

そのような目的のために開発されたシリーズです。

是非一度、お試しいただき、ご検討下さい。



いっぽう、「プロマスター300シリーズ」ですが、

個人のお客様からのご要望もあり、

小さいサイズで、実験的に2種類ほど販売を開始したところ、

継続してご注文いただくようになり、「プロマスターソース」の全種類を

「プロマスター300シリーズ」として販売を開始しました。



お一人で料理を作った時。

例えば、

豚肉のロースを焼いた時、ちょっとしたソースが欲しいと思ったことはありませんか?

「ケチャップにしようか??・・・・中濃ソース???」

「ちょっと違うんだよね・・・」

そんな思いに対応するアイテムです。


業務用プロマスターソース1kgサイズ一覧はこちらから。

 
プロマスター300シリーズは、1セット300gが2パックでのご提供です。
プロマスター300シリーズはこちらです。

 
店舗、企業の悩み人件費・光熱費削減対策とは??
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初めてのお客様へサイトのご案内

人気の記事

  1. KWBフーズが贈る、あなたの料理に命を吹き込む 、ホンモノの料理ソースとは?

    少量ずつ使え、長期保存可能(冷凍保存3ヶ月)、ビン詰、缶詰とはゼンゼン違う …
  2. エスカルゴバターは、壺焼きはもちろんですが、工夫次第で色々な料理で使用できます。

    魔法のバターシリーズ   エスカルゴバター 冷凍 350g 送料別 2000…
  3. キリッとした、キレのあるソースの赤ワインソース。ステーキなどにおすすめのソースです。

    フレンチソースシリーズ   高級簡単 赤ワインソース 冷凍 350g(一袋約…
  4. マデラソースは、他ではなかなか手に入らない料理ソース

    画像はイメージです。トリュフは入っておりません。 フレ…
  5. お店のデミグラスソースを使えば料理つくりが楽しくなる

    フレンチソースシリーズ 高級簡単 お店のデミグラスソース 冷凍 35…

最近の投稿

  1. 2013年に製作された、『めぐり逢わせのお弁当』という映画があります。 …
  2. 2007年に公開された、『めがね』という日本映画があります。 監督・脚…
  3. 1999年に公開された『グリーンマイル』という、アメリカ映画があります。…

提携企業

ピックアップ記事

  1. 下記のリンクからメールマガジンの登録が出来ます。 メルマガは、主に…
  2. 私共、KWBフーズは amazon.co.jp にも出店してお…
  3. お店の人件費・光熱費が大きな負担になっていませんか? …
  4. 世界中、煮た、焼いた、肉、魚は ほぼ同じ、大きな違いはソースなのです。 本…
  5. BRUTUS ブルータス 【マガジンハウス】 670号 …
  6. チャンネル登録をすると、動画投稿時にお知らせします。 http://www…
  7. このサイト以外でも運営サイトがあります。 スマートフォンの普及から、今やインタ…
  8. ログインページ 新規会員登録をして…
  9. お買い物をすると、ポイントが貯まるポイント制を導入しました。 …
  10. 飲食店の集客をテーマにした「電脳レストランマーケティングのVol.7」 です…
ページ上部へ戻る